魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報ブログ【ジャックナイフ】

カワセミ・ヤマセミ

 

sponsored link

カワセミ・ヤマセミ

初心者の方でも扱いやすく、かつ今後のステップアップを考えて、パラライザーから羽根式銛先、そしてチョッキ銛と色々な銛先に対応できるように設計した万能手銛です。

 

3m前後と短めで取り回しも良い手銛なので、今竹ヤスをお使いの方でも違和感なく使って頂けます。

初心者の方で手銛選びに迷っているようなら、まずこのカワセミ・ヤマセミを選んで頂ければ間違いはないと自負しています。そのぐらい使いやすい手銛です。

 

この写真のように先端金具の上面をフラットに仕上げていますので、二又銛先やパラライザーを使用する際、銛先金具と先端金具が「面」でガッチリと接触して固定されるため、ネジに負担がかからず折れにくい設計になっています。

もちろん、先端金具には横穴を設けていますので、チョッキ銛仕様にも当然対応可能です。

 

シャフトの外径は14mm、金具の外径でさえ16mmと非常に細身なので飛び・初速は実にシャープです。

また、初速や取り回しだけでなく、このぐらいの長さの手銛は扱いやすいが故にそれだけ出番も多く、かつ穴撃ちなどで酷使される手銛なので頑丈さにもこだわって作りました。

シャフトの肉厚はストレートシャフトが約3.5mm、テーパシャフトでも3mmと非常に厚く作ってあり、また先端部分の太さは10.5mmとゴツめにしてあるため、魚に根に入られた際などの曲げの力に対しても非常に強くなっています。

 

またシャフトのテーパにもこだわり、前半900mmはストレート、後半600mmと、テーパを2段階にすることで、また更に強靭なシャフトに仕上がりました。

 

扱いやすく、頑丈で、よく飛ぶ手銛。

この手銛のコンセプトは、そういったシンプルな所にあります。

 

最初は二又銛先を取り付けて、魚突きの原点とも言える遊び方をするもよし、

その後、羽根式やチョッキ銛に付け替えて本格的に大物を狙うなど、そんな様々な使い方が楽しめる手銛です。

 

また、カワセミもヤマセミも、どちらも「銛先」「ゴム」「手当」「滑り止め」を全て取り付けた “フルセット” になっておりますので、

手銛がお手元に届いてからそのまま海に持って行ってもらえばOKです。

ゴム・手当てなどもしっかりと取り付けて、すぐに使って頂ける状態で発送いたしますのでラインや仕掛けの加工など一切必要ありません。

現地で銛先だけカチッと装着してもらえればすぐに使って頂けます。

 

ヤマセミについて

さて、この「ヤマセミ」という手銛ですが、これは「カワセミ」の後ろ側シャフトをストレートにしたモデルです。

川蝉の扱いやすさと丈夫さはそのまま引き継ぎ、よりシャープな飛びを実現すべく強靭な後ろストレートシャフトを採用することで、従来より強力なゴムを使えるようになっています。

 

また長さもカワセミより若干長くなっており、仕上がりが全長で約3.2m、射程が長くなったことで狙える魚もより増えました。

すでに竹ヤスでも良いサイズの魚を獲れているような方や、または自作手銛からのステップアップをお考えの方などは、このヤマセミが長く使える相棒になると思います。

 

【「カワセミ」基本仕様】

・2本継ぎ(約150cm×2)全長約3m
・前・後ともにテーパーシャフト
・外径14mm~10.5mm 肉厚3mm
・シャフト材質:100%カーボン

・金具の材質:SUS304
・先端金具・後端金具は同一仕様
・先端/後端金具外径:13mm
・ネジ径:M6
※後端金具にも尻手側にM6のネジが切ってあります

・手銛本体重量:約560g
※仕掛け・滑り止め・ゴム等は含みません
※重量は多少前後することがあります

 

 

【「ヤマセミ」基本仕様】

・2本継ぎ 全長約3.2m
(前側:約155cm 後ろ側:約165cm)※数値は多少前後します
・前テーパーシャフト 後ストレートシャフト
・外径14mm~10.5mm 肉厚3mm
・シャフト材質:100%カーボン

・金具の材質:SUS304

・先端金具:ネジM6 外径13mm
・後端金具:外径16mm(後端にM6ネジ)

・手銛本体重量:約620g
※仕掛け・滑り止め・ゴム等は含みません
※重量は多少前後することがあります

 

レストタブジョイント

「レストタブジョイント」は、カワセミ・ヤマセミ用の物もご用意しております。

 

これを手銛のジョイント金具の間にかませるだけで、レストフックを引っ掛けるための「レストタブ」が実装できるという優れもの。

仕掛けやラインを接着したり糸巻きしたり・・・といった手間も一切なく、ただ単にジョイント金具にねじ込むだけで装着が完了するので実に簡単です。

 

また、一般的な形のレストタブと違って「でっぱり」も無いですから、手銛発射時に意図せずレストタブにガチッとかかってしまう「リフック」の危険性も非常に少ないです。

 

長尺手銛はゴムを引く距離も長く、それだけゴムを握って保持するパワーも多く必要です。

そういった長い手銛では、レストタブがあるとないとでは疲労度が全然違ってきますから、こういった小物も是非有効活用してみてください。

 

 

 

sponsored link

ショップはこちらから!↓

ダイビング&スピアフィッシング用品専門店ジャックナイフ

手銛を自作してみたい方へ

手銛製作マニュアル

記事カテゴリ



sponsored link