魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突き・スピアフィッシングに欠かせない道具(手銛・ウェットスーツ・フィン・マスクなど)や素潜りのスキル、安全管理などの情報を広くお伝えしていきます。

二又銛先(ブレード交換式)SUS440C焼入

 

「銛先」と聞いて、まっさきに思い浮かべるのがこの形ではないでしょうか。

最もオーソドックスな銛先と言ってもいいのが、この二又銛先です。

 

ジャックナイフでは長らく二又銛先を出してきませんでした。

2又は形状的に複雑なためコストが高くなってしまいやすく、こういったオーソドックスで初心者の方も多く手に取るであろう銛先を、あまり高い価格で出したくない・・・というのも一つの理由です。

そして、これまで二又銛先の代名詞とも言える存在だった「土佐銛先」が非常に優れていたため、どうせ出すならそれと同等、もしくは上回るものを出したかった、というのが、私がこれまで二又銛先を作ってこなかった最大の理由だったりします。

 

今回作ったこのジャックナイフオリジナル二又銛先は、今存在する二又銛先で最高のものだという自信があります。

 

ブレードの素材はステンレス鋼の中で最高の強度を持つ、SUS440Cを採用しました。

当然焼きを入れてあり、その焼入れもプロの熱処理業者に依頼しているので、非常に均一かつ安定した品質に仕上がっています。(硬度はHRC52~55)

※このSUS440Cはステンレス鋼なので比較的錆には強いですが、熱処理をしていることもあり、海水中では多少の錆は出ます。しかし錆で真っ赤になったり、強度上問題が出てくるほど錆で腐食したりすることは有りません。

 

ブレードは4mm厚、少々岩を突いたぐらいではびくともしません。

また、ブレードはベース金具にイモネジで固定する方式を採っているため、ブレードが傷んだり寿命が来たりした際は、ブレードのみ交換が可能です。

 

他の銛先もそうなのですが、当店は「交換式」にこだわりを持っています。

銛先というのはどうしても消耗品ではありますが、出来る限り使えるパーツは残して、傷んだ部分のみ交換できる「交換式」にすることで、出来るだけ長く使ってもらいたいと思っています。

 

また、こればかりは実際に使って体感していただかないと分からない部分なのですが、この二又銛先の大きな特徴が、その「バラシにくさ」です。

※「バラシ=突いた魚を逃してしまうこと」

 

もちろん、魚を突いた後に逃げられないよう「押さえる」という動作は必要なスキルではありますが、この二又銛先はある程度の大きさの魚までなら、ガッチリとカエシが効いて「押さえ」なしでも取り込めるぐらいバラシにくいです。

その秘密はカエシの形状にあります。

カエシをあえて削らずフラットな形状にしてあるため、一度奥まで刺さった魚はこのフラットなカエシに「線」で押し返され、魚の身が破れず逃げにくいのです。

 

【基本仕様・スペック】

・全長:約200mm
・重量:約96g(多少の変動があります)
・ブレード厚み:4mm

・ブレード材質:SUS440C(熱処理済、HRC52~55)
・ベース金具材質:SUS304
・ベース金具ネジ:M6オネジ、またはメネジ

 

2017/08/03