魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報ブログ【ジャックナイフ】

エントリーNo.004 海とロマンカップ様 【ジャックナイフダービー2015】

time 2015/11/17

 

ダービーに早くもGTがエントリー!

これはもう単純に突行レポが面白いです。笑

安全対策の部分もしっかり書いてくださってますが、こういう感じの「大物獲れたぜ!」という純粋なレポートも是非是非お待ちしておりますので!

 

海とロマンカップ様、どうもありがとうございました!!

 

 

sponsored link

エントリーNo.004 海とロマンカップ様

12212457_830730950374532_2087596857_n

12231378_830730943707866_252010310_n

魚突き歴:4年
ペンネーム:海とロマンカップ
エントリー部門:写真
エントリーの題名:浪人鯵に銛折られる…

 

【レポート】

1.突行レポート

魚種:GT
サイズ:98センチ
重さ:未計測
海況(波の高さ、潮など):波1.5
天気:曇り

<エピソード>

波は1.5ぐらい、エントリーに手こずりながらもなんとかとある岬のポイントへ。

抜群の透明度。魚の活性の高さ、潮の流れ。

今日は逢えるとハナっからわかってました。

グルクマのむれ、イスズミの慌ただしさ、この雰囲気…

これはいきなり現れるなっ‼︎

慎重にリーフぎりぎりのラインにそってGTを探します。

途中いいサイズのゲンナーいつもなら寄せを試みますが今日はなんとなくスルー

大物の予感ってことです。

前方に1メートルくらいのサメ。その後ろに畳一枚分ぐらいのGT。

出た〜

でけぇー

すぐさまサメは無視して潜行着底。
こちらには見向きもしないで消えていきます…

30以上だなあれは。

でも確信した。
まだ近くに何匹かいるはず。

と探し始めたら真下のスリット真っ黒のGT。
戦艦のようにスリットからゆっくり浮上

すぐに気づかれこちらを警戒。落ち着いて潜行ゆっくり距離をつめたところで振り返ったGTの腹にズドン。

すんごい力で暴走。近くに岩のトンネルこのトンネルに入られると銛が折れる。水中で引っ張り合い!紫のエロい色のゴムが伸びる。ほんとにエロく見えたw銛の後側を掴むが引き寄せれない。

息が続かない…

銛を離してフロートラインを掴みテンションをかけながら浮上。
岩とのテコの原理で銛がポキンッ‼︎

俺の銛5万円…

シゴトガンバリマス…

銛の半分をぶら下げながらまだまだ暴走するGT

落ち着いて遠目から観察。

銛が岩に絡まるのを待つこと5分…

GTの疲れが見えはじめてきたところ…

よし根に絡まった‼︎
すぐさま距離をつめて潜行。
銛をキャッチ。絶対離さない。

エラに手を突っ込んでエラをぶちぎろうとするもエラで手を締め付けらる。

デカイとそんなコトもできるのね。
完全にリスペクトw
生命力の強さを感じる。

負けずにエラをぶちぎって勝負あり。
感無量‼︎

勝利の雄叫びは誰にも聞こえずw

ロマン溢れる勝負でした。

銛はジョイント部分の付け根で折れてたので簡単に治せそうです。ウレピーポピポピ♫

 

2.私の安全対策

キッシー君のレポート通り道具面は何かと安全対策はいろいろあります。

特にこれをして変わったというのは銛に繋げてるフロートライン5メートルぐらいまではエアホースをつけてからはどっかに絡まったりというアクシデントは無くなりました。まだまだ広まってない安全対策ですね。皆様お試しを^o^

僕が一番安全面で大切だと思うのは
判断力。
己の能力を理解すること。

週に1回ぐらいしか海にいけなかったりする中で荒れてる中どうしても入りたくて無理して入ったりしてませんか?

頭が痛くなったりしてももうちょいがんばろとか思って続けたりしてませんか?

前の日にお酒飲んだりしてませんか?

しっかりと海を感じ自分の体の声も聞かないといけないのが素潜りというものだと思います。

今日はやめとこうという勇気。
もう上がろうという判断力。
そして体調管理。

もっと海を感じながら自分の体の声を聞くことが最大の安全対策かもしれません。

 

3.最も危なかった体験

二日酔いで海に入り上と下がひっくりかえりました。死ぬかと思いました。

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ショップはこちらから!↓

ダイビング&スピアフィッシング用品専門店ジャックナイフ

手銛を自作してみたい方へ

手銛製作マニュアル

記事カテゴリ



sponsored link