魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突き・スピアフィッシングに欠かせない道具(手銛・ウェットスーツ・フィン・マスクなど)や素潜りのスキル、安全管理などの情報を広くお伝えしていきます。

カーボンフィン ロングフィン 魚突き日記 魚突き道具

BlackTechを全レンジ履き直してみました&「オーダー締め日」制度をヤメました

2014/08/20

 

10440690_674777272606880_6203448113660763374_n

さて、先日からご紹介しているように、今ベテランの突き師さん達にBlackTechを実戦で履いてレビューしてもらってる最中なんですね。

試してもらってるのは、基本的に全レンジ。

ほぼ全てのモデルを、様々な方々にありとあらゆるシチュエーションで試してもらってますので、そのレビューはあらゆる方に参考になるはず、と思っております。

で、そうなってくると普段「ノーマルレンジ 硬さ:ハード」という、最もスタンダードなモデルを履いている私としても、これは改めて全モデルを履き直してみる必要があるな、と。

 

改めて「スピアフィッシングレンジ」を履いてみた感想

私が最初に履いたのは、今愛用している「ノーマル:ハード」なのですが、そこに行き着くまでに数種類の硬さを履いてみました。

ただ・・・

実はそのとき私が履いたスピアフィッシングレンジが、「硬さ:ミディアム」だったために、うおー、ちょっとこれは硬いな・・・ということで、スピアフィッシングレンジはそこまで履きこむこともなく、水面移動が超ラクだった「ノーマル:ハード」を速攻でチョイスして今に至る、という感じだったんです。

で。

実は今、セニョール小島さんを含めた、複数のベテラン突き師の方々に試してもらってるのが、主に「スピアフィッシングレンジ」なんですね。

そしてその評価というのが、本当に素晴らしく良い評価を頂いてまして、今日ちょうど大将から

「とりあえずこれ最っっ高に良いよ!」
「取り急ぎ、それ伝えたくて電話した!!笑」

というお電話を頂いて今、もう最高に嬉しい気分の私なんですが(笑)、まあその詳細なレビューについてはまた追々お届けするとして、

こりゃちょっと自分も
「スピアフィッシングレンジ」
を履き直してみにゃならん!!

ということで、

「スピアフィッシングレンジ 硬さ:ソフト」

を今一度履きこんできました。
※ノーマル:ハードよりも2段階上の硬さ

 

ノーマルレンジとの比較

私の履いてる「ノーマルレンジ 硬さ:ハード」の良さというのは、何と言っても

足首への負担が全くと言っていいほどかからない

という点です。

これホントに漕いでるのか?と疑いたくなるほど蹴り心地としては軽いですが、実際はガンガン進んでるという感じ。なのでホントに水面移動は最高に楽。

ですので、私のようにラクをしたい脚力に自信のない方、ロングフィン初心者の方などには絶対におすすめなのがこのモデル。

一方で、川のように流れる激流に自ら好んで入りたがるような変態突き師さん(笑)や、水深20m以深をガンガンに攻める方などは、その浮上能力に若干のパワー不足を感じるのも事実です。

実際、セニョール小島さんはその点がちょっと物足りなくて「スピアフィッシングレンジ」を希望されましたから。

スピアフィッシングレンジ=硬い?

で、あらためてスピアフィッシングレンジ(硬さ:ソフト)を履きこんでみた感想なんですが、

いやいや・・・全然硬くないっ!

スピアフィッシングレンジ:ミディアムとは確かに一段階かそれ以上に柔らかい。コレ別に自分に脚力がついた、ってわけでは絶対無いと思うんですが(笑)、2~3時間普通に魚突きするぐらいだったら全然問題なし。

ただし、ノーマル:ハードと比較するとやっぱり若干足への負担はあります。

その代わり、浮上時のパワーと安心感は別格。

このぐらいの硬さだったら、ロングフィンにそこそこ慣れた方だったら普通に履きこなせますね。かつ、パワーと柔らさかのバランスが良いので、そういう方にとっては「スピアフィッシングレンジ 硬さ:ソフト」は最高のチョイスになると思います。

 

私も今すぐに「ノーマル:ハード」からの乗り換えは考えてませんが、ちょっと深いところや流れのキツい場所で潜るとき用に、スピアフィッシングレンジを一本持っておこうかなーと考え中です(笑)

 

「オーダー締め日」制度をヤメました

あ!それとブラックテックのオーダー方法に関しまして、以前はツキイチでオーダー締め日を設けさせてもらって、一度にまとめてメーカに発注してたんですが、それを今月からヤメにしました。

理由としては、「出来るだけ早く使いたい!!」というお客さんが多かったこと(まあそりゃそうですよね)、それとメーカがこれまでの取引実績を見てくれて、小ロットでも送料などの優遇をしてくれるようになったからです。

なので、ご注文いただければ即メーカに発注かけますので、おおよそ2~3週間でのお届けが可能になりました。

というわけで、ぜひ今年のベストシーズンをBlackTechと共にどうぞ~!

-カーボンフィン, ロングフィン, 魚突き日記, 魚突き道具