魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突き・スピアフィッシングに欠かせない道具(手銛・ウェットスーツ・フィン・マスクなど)や素潜りのスキル、安全管理などの情報を広くお伝えしていきます。

プラスチックフィン ロングフィン 手銛(ヤス) 魚突き道具

私の潜り道具はどれもボロい

2014/06/24

temori (2)

いやーほんと私の潜り道具ってどれもこれもボロッボロなんですが、こうなるとやっぱり愛着が湧きますね。

手銛の方は最近作った新作なのでまだキレイめ。というか金具は念入りに磨いたのでまだ全然ピカピカです。金具は私が唯一美的なコダワリを見せる部分(笑)他は外見一切気にしませんね・・・。

あ、ちなみに金具を磨くのはボール盤があればメッチャカンタンですよ。ドリルチャックに金具を掴ませてスイッチオン。あとは細かいペーパーでシャーッと磨いてあげれば一瞬でピッカピカになります。

※巻き込み注意!それと電動工具使用時には保護メガネを!

スポンサーリンク

temori2

一方、4年もこき使われた マレス INSTINCT PRO はこの有り様(笑)

裏面ヤバいですね。でもまだ全然使えるけど。

マレスはフットポケットが頑丈なのが良いです。丈夫だけど硬くないし、柔らかすぎもせずフィット感が良。実にバランスが良いと思う。

 

私のボロくて愛しい道具たち

というわけで今回は、そんな私のボロくて愛しい潜り道具を晒します。絶対に需要ないと思うけど(笑)

世の潜り系ブログなどで、キレイで高級な手銛が紹介されることは多々あれど、実際に数年使ってボロボロになった手銛とかって普通は誰も紹介したがりませんもんね(笑)。

 

マイ手銛たち

temoris

まずは手銛。現在の主力は3本です。
当然どの子も、分割状態での銛先装着が可能な仕様。

左:穴撃ち用ショート手銛

【材質】SWIX製スキーストック(13.3mm径)
【長さ】2.7m
【重さ】不明(笑)そんなに重くないはず。

SWIXのスキーストックは肉厚で硬い上、長さも短いので剛性感はかなりのものです。強いゴムを使えるので初速は抜群。

その初速を活かして、にらめっこ状態のハタが反転する直前に超速でブチ込んで確実に捕獲するのが狙い。

真ん中:ちょっと長射程な手銛

【材質】ゴルフクラブ(アイアン)6本
【長さ】3.2m
【重さ】これまた不明。アイアン使ったのでちょい重いかも

私の手銛は長くてもこんなもんです。

私の場合は完全に回遊魚狙いで行くことってあんまり無いんですよね。なので、シチュエーションによっては穴撃ちもしたいし、岩下の魚をいじめたい時もあるし(笑)。

そんな時4m級の手銛だと扱いづらいので、現在はこのぐらいの長さがちょうど使いやすくて良いです。ただ今後は変わる可能性あり。

左:現在の主力手銛

【材質】スキーストック(16mm径)
【長さ】3m
【重さ】軽い

さっきのやつより若干短いです。これまたオールマイティに使いやすい長さではあるんですが、正直に言うとただ単に材料の都合上この長さになっただけ(笑)

なぜ新作を作ろと思ったかというと、より強いゴムを使ってみたくなったから。このスキーストックはメチャクチャ硬くて、セラチューブシルバー程度なら巻き引き無しでじゅうぶん引き切れます。

 

グリップ

temori3

アップにするとホントに傷だらけですね・・・w

ここで見ていただきたいのはグリップでして、私も意外にここはこだわってます。

強いゴムを引くと、当然のことながら握力が要りますよね。そこで普通はレストタブをつけるのですが、私はそういうの面倒くさくてイヤなので、グリップをより強力にする方向で対策。

左の二つ、コレちょっと特殊な熱収縮チューブなのですが、普通に電材屋さんで買えると思います(結構安い)。通常のものと違ってゴム質なのと、厚さは2mmと通常の倍。

これにちょっと粗めのヤスリをかければグリップ力は抜群。

まあ2mmとゴツいので、細身の手銛には向かないかもしれませんが、その握りやすさはやっぱり捨てがたいですね。シャフトの保護としてもこれ以上ないほど強力ですし。

 

後端アイボルトの理由

上の手銛はどれも、後端金具はアイボルト仕様。ちなみにM6。

アイボルトなら、ヒモを結び変えたりせずとも、カンタンに他の手銛に付け替えが可能ですからね。

もちろんアイボルトじゃなくて他のカッコイイ金具を使ったっていいんですが(笑)、アイボルトはどこでも買えるし便利です。

-プラスチックフィン, ロングフィン, 手銛(ヤス), 魚突き道具