魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報ブログ【ジャックナイフ】

初心者だからと言って、海が手加減してくれるわけじゃない

time 2014/08/08

medium_5905589199

「魚突き」という遊びそのものは、日本に古くからありました。

ただ、手銛やカーボンフィンなどの道具の進化、そしてTVやネットなどメディアの発達によって、魚突きというものの認知度はここ数年で急激に伸びた気がします。

このブログもその一端を担っている・・・と言えるのかどうかはわかりませんが、私としてはとても嬉しい事に、最近非常にたくさんの方からお問い合わせを頂きます。

 

sponsored link

「初心者なのですが・・・」

特に多くいただくのが、

「魚突きを今年からはじめようと思ってます!
それで私、完全に初心者なのですが・・・」

という感じのお問い合わせです。

えーっと、

一応ですね、勘違いをされないように最初に申し上げておきたいのが、私はもちろん初心者の方は大歓迎ですし、お問い合わせもガンガンしてきていただきたいと思ってます。

決して「初心者お断り」とか言うつもりは全くありません。

 

ただ・・・

ただですね。

 

ちょっと今日は厳し目のお話にはなるかと思うんですが、ハッキリ言って魚突き、ダイビングというのは「スノボ」とかとはちょっと訳が違うじゃないですか

「私スノボやったことないんですけどー、道具とか何が必要ですか?」
「どうやればうまくなりますか?」

とか、それはそれで何の問題もないんです。

 

だって、スノボじゃまず死なないから。

 

「初心者なので、うまくターンが出来ません」
「初心者なので、うまく耳抜きが出来ません」

この2つは全くワケが違う。

いやまあ、多少強引なたとえだということは承知してますが、とにかくこの2つはその危険度において、全く別次元のスポーツだということが言いたいんです。

 

「初心者なので、うまく耳抜きが出来ません」

といくら言ったって、それを聞いて海が

「あーそう。じゃ次から気をつけてね」

とか言うわけもなく・・・

いや、これは茶化すつもりは全く無くて、
本当に「初心者だから」とかそんなの

海に入れば全然関係無い

ということなんですよ

問答無用で、その先に待つのは「死」です。

 

だから正直、たとえば先のような質問を当店に投げてこられても、私は何も答えることはできません。お伝えできるのはひとつ、耳抜きが出来ないとヘタをしたら死にます、ということだけ。

そんなの逆に無責任じゃないか、そう思われるかもしれせんけど、人様の命にかかわることの責任など、誰にだって取れないです。

 

もっとハッキリ言います。

自分の命にかかわることについて「初心者」という言葉を絶対に使ってはいけないし、それを安易に人に聞いたとしても、いざという時にその人が助けてくれるわけでも、責任をとってくれるわけでもありません。

自分の身は、自分で守るしか無いです。

 

いや、何でこんな事を言うかというと、そもそも私はこういう偉そうな話は苦手なんですが、この話の目的を一言で言えば

“ドキッ” としてほしい

ということに他なりません。

この記事を読んで、たとえば「何だコイツ、エラソーに」という反感を感じたとしても、その時に感じたドキッとした気持ちは忘れないと思うんですよ。

こういうのって理屈じゃ中々行動できなかったりします。

アタマでは危険だとわかってても、理屈はちゃんと理解出来てても、実際その場でしっかり行動できるか?これって案外別問題だったりしますから。

だから、ドキッとしてほしい。

そうやっていつまでも、これはもちろん初心者の方だけではなくベテランも含めて、海に対する緊張感を持ち続けていただきたいです。

 

というわけで。

今日はちょっとピリッとした話だったんですけども、デカい台風も来てますし、これから魚突きもベストシーズンに入っていくことですし、絶対に事故が無いように、安全には絶対に手を抜かないで下さいね。

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ショップはこちらから!↓

ダイビング&スピアフィッシング用品専門店ジャックナイフ

手銛を自作してみたい方へ

手銛製作マニュアル

記事カテゴリ



sponsored link