魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突き・スピアフィッシングに欠かせない道具(手銛・ウェットスーツ・フィン・マスクなど)や素潜りのスキル、安全管理などの情報を広くお伝えしていきます。

これから魚突きを始める方へ ウェットスーツ

ウェットスーツの重要性、ラッシュガードの危険性

2017/09/11

 

これまでにも私は、ウェットスーツの重要性について何度も語ってきましたが、水温も下がってくるタイミングでもありますし、今回もちょっと同様の注意喚起をしたいと思います。

 

魚突きはここ数年で初心者の方が非常に増えました。

それでやっぱり皆さん最初は(実際私も最初はそうでしたが)、海水浴の「ついで」に魚突きをして、やってみると面白くてハマっていく、というパターンが多いかと思います。

装備としても、

  • ラッシュガード
  • 海パン
  • 竹ヤス

に、あとは近くの釣具屋やホームセンターで揃えたマスク&スノーケル、フィンといった軽装で魚突き。

 

安全に関わることなのでまず結論から言いますが、

こういった軽装備で魚突きを続けていれば、いずれ重大な事故に繋がる

という事だけは認識しておいてください。

 

これは脅したいわけでも装備を買ってもらいたいわけでも何でもなくて、魚突きは本当に一歩間違えば死が待つという危険なスポーツです。

そして、海で頼りになるのはウェットスーツをはじめとした「道具」だけです。どんなに屈強で体力に自信がある人でも、道具無しでは何も出来ません。

 

これから本格的に魚突きを始めたいと思われている方は、くれぐれもその場のノリやテンションで行動されることがないようにしてください。

自分の身を守ることができるのは、自分と自分が選んだ道具だけです。

 

下記では道具の中でも最も重要な、ウェットスーツの重要性について書いています。

まず一読頂いて、自分の装備を見直すきっかけにしてみてください。

 

 

ラッシュガードで魚突きをする危険

確かに夏場は水温が30度前後あるので、ラッシュガードで潜っていても1~2時間は全然寒くないでしょう。

 

ただ、そういう問題じゃないんですよね。この際、水温はどうでもいいんです。

まず、ラッシュガードには「浮力」がありません。

 

ちょっと想像してみて下さい。

  • 魚を追いかけてるうちに沖に来てしまい、流れで戻れなくなった
  • 寒くなって近くの瀬に上がったが、もう再び海に入る体力がない

こうなってしまったら、もはや助かる術はありません。

 

これがもしもウェットスーツを着ていれば、

ウェットスーツ自体に「浮力」があるので、万が一の際は腰に巻いたオモリを捨てれば、水面に浮かんでいられる

のです。

 

もちろんウェットスーツには保温性もありますので、もしも漂流という事態に陥ったとしても、低体温症になるまでにはかなりの時間を稼げます。

 

ウェットスーツの重要性

これは大げさな話でも何でもなく、魚突きにおいてウェットスーツというのは「命綱」と言える道具です。

魚突きでは、どうしても手銛やフィンといったアイテムを先に揃えたくなりますが、何はなくともまずはウェットスーツです。

 

特にこれから水温も低くなります。

「まだまだラッシュガードで行けるでしょ」で魚突きをするのは、絶対にやめて下さい。

 

魚突きは非常に楽しい遊びですが、自然を相手にする以上、常に危険がつきまといます。

特に海という過酷な環境においては、正直、人間の力だけではどうにもならない事ばかりです。

 

そんな中で頼りになるのは、はっきり言って「道具」しかありません。

どんなにタフな人間でも、フリーダイビングの世界チャンピオンでも、ウェットスーツ無しでは完全に無力です。

 

 

 

 

 

 


-これから魚突きを始める方へ, ウェットスーツ