魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報ブログ【ジャックナイフ】

極細手銛用16mm/14mmジョイント金具

time 2015/06/29

20150627_004048653_iOS_R

当店の金具はかなりリーズナブルな価格だと自負してます。

価格を抑えることが出来た理由というのも、これまた以前どこかで話したかと思うんですが、正直言ってただ単に「大量に作って単価を下げている」だけでして、言うまでもないことですが品質に一切の妥協はありません。

 

ただ、それがゆえに一回金具を作ったらもう寸法を大幅に変更するようなカスタマイズというのが不可能で、そこだけが若干のネックだったんですよね。

実際、金具のリリース以来多数のお客様から

・もっと細い金具は出来ませんか?

というお問い合わせを頂いていたのですが、心苦しいことにそのご希望に応えられずにいました。(ワンオフで作れないことはないですが、高くついてしまう)

 

今はカーボンソリッドなどを使って細手の手銛を作りたいという方が多くいらっしゃるようで、いつかはそれ用の細手金具を作りたいと思ってたんですが・・・

今回、ようやくそれが叶いました。

http://mogulers.com/?mode=cate&cbid=1946281&csid=0

 

 

sponsored link

外径16mm/内径13mmジョイント

20150627_003707951_iOS_R

まず一つ目が「外径16mm/内径13mm」のジョイント金具で、これは「内径13mm」という部分でカンの良い方ならピーンときたと思うんですが、

そうです。

細目のスキーストック(最大外径φ13)

にほぼ無加工でフィットするようにこの内径にしました。

 

スキーストックにも色々あって、中にはφ10といった極細のものから、一方太いものだとクロスカントリー用のポールで、あれらはφ16のものがほとんどです。

でもやっぱりいちばん使いやすく、かつ強度にも定評があるのが外径13mmぐらいのSWIX製のスキーストックなんですよね。

※ただし厳密に言うとSWIXのストックは13.3mmなので、本当のポン付け無加工で行きたい方は、金具の内径を「13.5mm」でご指定下さい。

 

あの手のストックは長さはさほど取れないので、どうしても短めの手銛にはなりますが、その代わり超軽量で抜群の初速が出るショート手銛が出来ますから、これがテトラ周りでは非常に使いやすいです。

 

そのストックにフィットするように設計したのがこの外径16mmのジョイント金具なのですが、もちろんストック以外にも特注のカーボンシャフトで利用してもらっても良いですし、内径のカスタマイズも(~14mmまでの内径拡大なら)お受け致します。

 

仕様詳細

・材質:SUS304
・外径16mm
・内径13mm(~14mmまで0.5mm刻みで加工可能)
・ネジ:M10
・シャフト入りシロ:35mm
・重量約75g

 

 

外径14mm/内径10mmジョイント

20150627_003918418_iOS_R

これはもう実物を見ていただいたら分かりますが、まあメチャクチャ細いです。

外径14mm、内径は10mmと、主にはカーボンソリッドで手銛を製作される方向けに作ったジョイントです。もちろん、先述のφ10ぐらいの極細スキーストックに使っても良いと思います。

 

このぐらい極端に細い手銛になると、必然的に長い手銛を作るのは難しくなるので、どうしても短い物になると思います。

ただし、まあゴムにもよりますが初速は爆速でしょうね。

一点だけ注意点として、ここまで細いと非常に握りにくいので、滑り止めだけはキッチリやっておくことをお勧めします。

 

仕様詳細

・材質:SUS304
・外径14mm
・内径10mm(~12mmまで0.5mm刻みで加工可能)
・ネジ:M10
・シャフト入りシロ:35mm
・重量約70g

 

 

ぜひご活用下さいm(__)m

というわけで、通常の17.5mm径のジョイントに加え、今回の16mmと14mmのジョイント。とりあえずこの3種類があれば、大体の手銛は製作できるかと思います。

細手の手銛製作をお考えの方は、ぜひともご活用頂ければ幸いです。

 

まあ・・・ぶっちゃけた話をしてしまえば、この極細ジョイント金具がそこまでたくさん売れるとは私も思ってません(笑)

でもね、金具のバリエーションってのは
あればあるほど夢が膨らむじゃないですか。

ああでもない、こうでもないとか考えながらオリジナル手銛を作る、こういう悪巧み(笑)をしている時ってメチャクチャ楽しい時間だと思うんですよ。

 

私自身が魚突きを始めた頃は、市販品は太い金具ばっかりでしたから、別規格のものを作ろうと思うともう自作以外に道は無かったんですよね。

まあそれはそれで面白かったのですが、でもやっぱりあの時に、こういうマニアックな金具があったら手銛づくりがもっと面白かっただろうなーと。

 

今回のは、そんな思いで作った金具です。

 

内径やシャフトの素材、サイズ、その他諸々、
手銛製作に関するご相談もお待ちしております。

ぜひあなたの悪巧みを聞かせて下さい!笑

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ショップはこちらから!↓

ダイビング&スピアフィッシング用品専門店ジャックナイフ

手銛を自作してみたい方へ

手銛製作マニュアル

記事カテゴリ



sponsored link