魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報サイト【ジャックナイフ】

魚突きスピアフィッシング・手銛の総合情報ブログ【ジャックナイフ】

 

いやー、ようやく暖かくなってきましたね!

まあもちろんまだまだ水温は低いんですけども、シーズンインに向けて道具を準備しておきたいという方に向けて、毎年恒例の「シーズン前フライングSALE」を開催しております。

 

手銛もウェットスーツもフィンもかなりお求めやすい価格になっておりますが、特に手銛に関してはちょっと新しいタイプの手銛を製作してみましたので、是非とも手にとってもらえらたと思います!

 

sponsored link

本数限定OUTLET シンプル手銛 全長約2.8m(銛先・ゴム・手当付)

これはもう、コンセプトは「シンプル!」の一言ですね。

両テーパシャフト採用、金具は前後共通の横穴など一切開いてないタイプ。

全長約2.8mの2本継ぎで、主に二又銛先を装着することを想定して作ってます。

 

ちなみに今回は手銛本体だけでなく、オリジナル二又銛先+ゴム+手当も付いた一式セットで29800円~と、ビギナーの方にも手にとってもらいやすい価格にしました。
(ただし本数は少なめなのでお早めにどうぞ!)

 

後端金具は割り切って、M6のアイボルトを取り付けるタイプに。

いざという時にはアイボルトごとゴムが一式外せるので、これは案外便利な仕様かと思います。

 

シャフトはファルコン用のテーパシャフトの先端をちょこっとカットしたもので、「15mm~11mm」のテーパにして先端部分を太くすることで強度を確保してます。

全長は「約1400mm×2本」で約2.8m(銛先は含めず)ほどなので、取り回しもよく扱いやすい手銛です。

 

金具は全てSUS304、単体で販売しているモノと全く同じ金具ですので、強度&精度は一級品です。

 

金具がこういう感じで横穴なしの超シンプルなタイプなので、仕掛けも無いですから発射時に水の抵抗になるような邪魔なモノが一切ありません。

両テーパということで取り回しも良く、色々なフィールドで相当活躍してくれる手銛になるかと思います。

もちろんファルコンのように16mmゴムをキンキンに引いても無問題、というような剛性感には流石に届きませんが、それでもセット内容に含まれる13mm、もしくは14mmぐらいのゴムでしたら全く問題なく使用できる強度と剛性は備えています。

 

ちなみにアウトレットの理由ですが、前述の通りシャフトはファルコンのテーパシャフトを利用しています。

カーボンシャフトというのは「焼き物」みたいなものでして、その焼く過程においてはどうしても、曲がりやネジレなどが生じた「B級品」が一定の割合で出てしまいます。

特に細い先端部分はそれが顕著でして、当店では当然そういったB級品はチェックでハネた上でファルコンを製作していますが、逆に言うと「先がちょっとだけ曲がった」シャフトで、他は全く問題ないシャフトも多数あります。

 

今回のシンプル手銛では、そういったシャフトの「曲がった先端部分だけ」をカットして利用している、というわけですね。

なのでもちろん、品質や強度、精度には全く問題ありません。安心してガンガン使ってやって下さい。

【本数限定OUTLET シンプル手銛 銛先・ゴム・手当付き】

 

 

鮎用 3本パラライザー

あとは、ちょいちょいご要望を頂いていた「(主に)鮎用」の3本パラライザーも作ってみました。

 

ピアノ線は3.5mm、もちろん焼き入りです。

ちなみに2本パラライザーと同じくピアノ線は交換式ですので、傷んだら交換が可能です。

 

なぜ「鮎用」かと申しますと、鮎などの繊細な身を持つ魚の場合、2本パラライザーの5mm径ピアノ線だと魚体に対するダメージが大きすぎるんですね。

太い銛先だと威力がありすぎて、ヒットしたは良いが魚がバラバラになってしまう・・・なんて事がよくあります(;´∀`)

 

そこでより細いピアノ線で作ってみたというわけなのですが、もちろん鮎以外にも使えます。

しかし、刺さった後に魚をガッチリ締め上げる力は2本パラライザーの方がはるかに上ですから、不意の大物と出会う可能性がある海においては、私個人としては2本パラの方をおすすめします。

(3本パラでもメバルオンリーという突行であればめっちゃ良いと思います)

sponsored link

down

コメントする




Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

ショップはこちらから!↓

ダイビング&スピアフィッシング用品専門店ジャックナイフ

手銛を自作してみたい方へ

手銛製作マニュアル

記事カテゴリ



sponsored link